COMPANY HISTORY

タカムラグループ沿革

1925年(大正14年) 東京大学富士演習林設立にともない開設工事に参加させていただく。(東京大学富士演習林は、平成23年に「富士癒しの森研究所」へ改称されました。)
1928年10月 山梨県南都留郡山中湖村山中861番地に於いて建設業として創業。
1932年5月 江戸時代からの馬喰事業を貸物自動車運送業に変換。
1939年8月 強制統合により、都留貨物自動車株式会社設立。
1946年6月 木材業を開業。(富士製材柿板製作合資会社設立)
1963年2月 高村建設株式会社設立
1963年4月 山中工場所在地に生コン工場(18切3基)新設。生コン事業部を設置。
1963年12月 大月営業所所在地に生コン工場(28切2基)新設。
1970年5月 西独ラインバウ社とオムニア板製造に関する技術提携の契約に調印
1970年12月 オムニア工場落成。(現山梨第1工場)
1971年11月 オムニア板、日本建築センターより評定書を受理。
1974年10月 生コン部門を分離し、タカムラ生コン株式会社を設立。
1974年10月 富士吉田市上吉田870-1番地に本社社屋落成し移転する。
1976年7月 建設・オムニア部門を分離し、タカムラ建設株式会社を設立
1982年8月 商号変更により社名を高村建設株式会社より株式会社高村に変更。
1982年12月 タカムラ生コン大月株式会社を設立。
1982年12月 タカムラ生コン静岡株式会社を設立。
1984年3月 昭和建設株式会社を設立。
1985年10月 株式会社丸春を設立。
1986年12月 タカムラグループ本社、南都留郡山中湖村山中862-1に本社社屋落成し移転する。
1989年10月 タカムラ建設株式会社、西独ペカファンブートテクニーク社と"ペカ製造"に関する技術提携の契約に調印。
1990年9月 タカムラ建設株式会社、西独ビッテルマイヤー社と"オムニア板製造"に関する技術提携の契約に調印。
1990年10月 都留市にタカムラ建設株式会社山梨第2工場新設。トラス筋加工工場、ペカ製造工場併設。
1991年10月 タカムラ生コン大月株式会社第2生コン工場(現都留工場)新設。
1992年4月 タカムラ建設株式会社山梨第2オムニア全自動工場完成。
2000年2月 タカムラ建設株式会社山梨第2PC工場新設。
2002年2月 タカムラ建設株式会社建設事業部、「ISO9001:2008」取得。
2004年10月 タカムラ建設株式会社、PC・オムニア製造部門分離。タカムラ生コン株式会社、タカムラ生コン静岡株式会社、タカムラ生コン大月株式会社を経営統合し、株式会社タカムラ生コン(旧株式会社丸春)とする。
2004年11月 株式会社タカムラ生コン、PC・オムニア製造部門を統合する。
2006年11月 株式会社タカムラ生コン都留工場、新JIS表示認証工場を受理。
2007年1月 株式会社タカムラ生コン静岡工場、新JIS表示認証工場を受理。
2007年7月 株式会社タカムラ生コン大月工場・山中工場、新JIS表示認証工場を受理。
2008年4月 タカムラ建設株式会社山梨第一工場、「社団法人プレハブ建築協会 N認定」取得。
2015年10月 株式会社タカムラ生コン都留工場、認証機関変更のため、新JIS表示認証工場を受理。
2016年4月 タカムラ建設株式会社山梨第二工場、「社団法人プレハブ建築協会 N認定」取得。
タカムラ建設株式会社静岡工場、「社団法人プレハブ建築協会 N認定」取得。

タカムラグループの歴史HISTORY

オムニア板の歴史(PDF 11MB)
生コン事業の歴史(PDF 422KB)

お問い合わせ

TEL.0555-62-3500

FAX.0555-62-3501

8:00〜17:00 (土日祝は除く)